Skip to content


日本原子力学会『東京電力福島第1/第2発電所の事故について、放射線のレベルについて(公表されている放射線量はどのような意味を持つのか) 』

・ 3月15日午前10時に福島第1の3号機周辺で 400mSv(ミリシーベルト)/h と
いう高い線量が計測された(1mSv=1000μSv)。しかし、これは敷地内の局所的な
値であり、敷地境界では15日午前9時に正門で観測された 11930μSv/h が最大で
あす。
・ 3月15日午前9時に東京電力福島第1原子力発電所正門のモニタリングで測定され
た 11930μSv(マイクロシーベルト)/h の意味を説明します。
・ Sv は放射線の人体への影響をはかる単位で、マイクロは 100 万分の 1 の意味です。
11930μSv(マイクロシーベルト)/h は、11930μSv(マイクロシーベルト)毎
時ということです。
・ μSv 毎時とμSv の関係は、

続きは、日本原子力学会『東京電力福島第1/第2発電所の事故について、放射線のレベルについて(公表されている放射線量はどのような意味を持つのか) 』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.